トップページ プロダクト > Simplex > 機能紹介 > 分析機能
Simplex 大規模コールセンターにも対応通販パッケージの決定版

分析機能

お客様ひとりひとりの特徴に応じた効果的なアプローチを実現するリピート顧客育成プログラムを実装。
経営判断に必要な注文率や離脱率、継続率、広告費用対効果などの分析帳票を簡単に抽出する事もできます。

CPM分析

「顧客ポートフォリオマネージメント」という分析手法。

■在籍期間
■購入金額
■離脱期間

をもとにアクティブ客、離脱客を区分し顧客を立体的にグルーピングします。

見落としがちな、「少額でも安定的に購入している顧客」へのアプローチをサポートしたり、 「割引等にしか反応しない顧客」、「心から自社商品のファンになっている顧客」を分類することで、グループごとにふさわしいアプローチが
できます。

比較推移付きRFM分析

■ R=Recency(最新購入日)
最近いつ購入したか、最近購入しているか

■ F=Frequency(購入回数)
どの程度の頻度で購入しているか

■ M=Monetary(購入金額)
いくら購入しているか

上記の指標で顧客をセグメンテーションし、アプローチ先を見つける顧客分析手法の一つです。 実施している営業施策が正しいかを確認するための指針となります。

Simplexでは、現状分析 -> 営業行為(または販促) -> 注文増加 -> 結果の確認 -> 過去現在との比較がPDCA(計画(plan)、実行(do)、評価(check)、改善(act))で分析が出来るように 「推移比較分析」機能も搭載しています。

RFM分析2
画像拡大

CPO分析


CPOとはCost Per Orderの略で、ダイレクトメールや広告を出した場合の購入者1人に要した広告費を示します。

初回購入者100人を広告費100万円で獲得した場合、1人あたりの獲得コストは   100万円 ÷ 100人 = 10,000円 次回どの媒体に広告費を重点的に投入すべきかがわかります。

費用対効果分析


費用対効果分析では、プロモーションの費用と実際の受注合計額を比較し、宣伝効果を検証します。(売上金額÷広告費) 投資した分の回収ができているかを損益分岐で検証し、次のプロモーション戦略の指針となります。

商品貢献度分析


どの商品が最も”儲かる”商品なのか、売上総利益に貢献しているかを、 「売上高」、「売上総利益」、
「在庫高(回展率)」を使って分析します。

一般的に販売効率(商品の粗利益率×商品回転率)が大きくても構成比(シェア)が 小さければ
貢献度は低くなり、販売効率が小さくても、構成比が大きければ貢献度が高くなります。

回転率が速い商品や粗利率が高い商品を正しく把握することにより、将来の「稼ぎ頭」となる商品の
見極めや、今後の販売施策に役立ちます。


ABC分析


ABC分析は、 自社在庫を優先順位の高い順にランク別にグループ分けて管理する手法です。

このABC分析を元に、優先度の高い商品は常に在庫を切らさない、低い商品は過剰在庫を起こさない
という適正在庫管理を実現できます。

Simplexでは、ABCだけでなくEランクまでをグルーピングします。

定期情報一覧表


任意の条件に基づいての定期購入顧客を抜粋、一覧にすることが可能です。

継続中の方だけにフォローアップリストを作成したり、既に定期解約済みの顧客の再加入アプローチリスト
を作成したりできます。

Simplexに関して、お気軽にお問い合わせください。
Simplexの資料を送付いたします。



※担当拠点より資料をお送りします。
フリーダイヤルで担当拠点におつなぎします。  
    0120-161229
[受付時間]9:00~12:00/13:00~18:00
※土日祝・指定休日を除く
メールでご質問やご相談などを承ります。



※ メーラーが起動します。

ページトップ このページの先頭へ